toggle
2018-05-26
公開日: 更新日:

【移転】名古屋で食べられる天然氷のかき氷!『氷菓処にじいろ』

スポンサーリンク

私の中で今年は氷が熱いんです!

今までは濃厚でまったりとしたものが大好きだったので「かき氷…?水ってことでしょ??」と冷ややかだったんですが

今年は乳腺炎予防と子どものアレルギーで除去食をしているので、濃厚でまったりしたものはNG!

で、こりゃあ氷に走るしかない!ってワケ。

ちょこちょこ食べ歩いているので、アップしていきます!

ゴールデンウィークに行ったのは『氷菓処にじいろ本店』。

スポンサーリンク

場所

[ad#co-1]

名古屋駅からも国際センター駅からもちょっと離れたところにあります。

名古屋駅からだと、円頓寺商店街に入って丸一ストアー手前の道を右に曲がったところ。

ハンバーガーで有名な『THE CORNER Hamburger&Saloon』の近くだよ。

ハイ、到着!

 

『日光 天然のかき氷』・・。

気になることがババンと大きく書かれていますね!

そう、こちらのお店は名古屋ではそう多くない『天然氷』を使ったかき氷屋さんなのです。

天然氷

[ad#co-1]

『天然氷』と聞くと何となく「こだわってて美味しそう♡」と思うけど、実際通常の物(純氷)とどんな違いがあるのか調べてみました。

天然氷と純氷の違い

天然氷と純氷の差はその製法にあります。

天然氷が池や湖などで自然に水が凍って氷になったものに対し、純氷は製氷工場で水をじっくり凍らせて氷にしたもの。

純氷でも凍らせるのには48時間以上かかるけれど、天然氷は2週間とかかかるし、雪を取り除く作業や出来た氷を運搬する重労働が伴う。

ちなみに「キーンってならない」かどうかは、天然氷と純氷の違いではなく温度管理の違いだそうで、どちらも本来の氷の温度にすればキーンってならないんだとか。

そしてきちんと削ればどちらもふんわりするんだとか。

ふむふむ。

こうやって調べると、美味しいかき氷とは天然氷・純氷の違いではなく、丁寧な管理と提供の仕方によるんだとわかりますね。

ただ、天然氷は電気設備に頼らないという昔ながらの製法を守り、厳しい冬を乗り越えてきたという、生産者さんたちの想いを食べるんだと思ったらいいですかね。

各蔵元さんのHPで天然氷の作り方を見ることが出来るので、これらを見てから食べるとありがたく、一層美味しく感じるんじゃないかと思います!

天然氷の蔵元

現在その『天然氷』と認められている蔵元は以下7つのみです。

『三ツ星製氷』(栃木県日光市)

『四代目徳次郎』(栃木県日光市)

『阿左美冷蔵』(埼玉県秩父市)

『渡辺商会』(長野県軽井沢)

『蔵元八義』(山梨県八ヶ岳)

『松月氷室』(栃木県日光市)

『不二』(山梨県山中湖村)

『にじいろ』のこだわり

さて、天然氷について軽く学んだところで、今回の『にじいろ』が使っている氷は『四代目徳次郎』の天然氷であります。

丁寧な管理の元成長させた天然氷を生かすべく、厳選12のシロップ全て、香料、着色料、保存料をしようしていないそう。

期待が高まります!

店内

店内はかき氷屋さんぽくはないですね。

ちょっとしたごはん屋さんのような。。。

せいろも置いてありますが、ランチもやってたみたいです。

 

 

メニュー

私は『とちおとめいちご(栃木県産)』と最初から決めておりました!

一番人気らしい。

じゃじゃん!

この一見荒そう?に見える削り口の氷、美味しそうなビジュアルですよね!

口に入れると、荒いなんてことは全くなく、繊細でふわっとして美味しい!

当然、キーンってならない!

いちごシロップは、よく見る鮮やかな赤色のシロップではなく高級ないちごジャムって感じ!

いや、コンフィチュールと言ったほうがよいかな。

どっちも同じw

でもコンフィチュールのほうが高級感がある気がするw

お茶はセルフで、温かいものもありました。

こんなこだわりのかき氷屋さん、かき氷ブームの今、混むだろうと思ったけど駅から離れているためか空いていてゆったり出来ました。穴場ですよ。

『にじいろ』の今後

美味しいから、名古屋で珍しい天然氷を使ったかき氷をぜひ食べてみてほしい!

・・・のですが、なんと私が訪問したのはこの店舗では最後の営業日だったのです。

元々全国の百貨店などで出店していて2016年に実店舗をこちらにオープンされたそうで、今はお店を閉めて百貨店に出店しているみたい。

そして、7/3~9月末までは栄の明治屋のあったビル一階でポップアップストアとして営業するそう。

その後は移転の予定らしいので、これからも食べられることを期待してお店の公式HPをチェックして待ちましょう。そうしましょう。

ポップアップストア情報

待ってたら、ポップアップストアの情報が更新されたので紹介します!

これは、行ってみなくては・・!!

店舗情報

住所:名古屋市中区栄 3 丁目 2-9(旧明治屋ビル 1 階)

TEL:052-263-3977

営業時間:11:00~20:00

定休日:9 月 2 日迄休まず営業 9 月 3、10、18、25 日はお休み

メニュー

レギュラー11種

とちおとめいちご・ブルーベリー・ゆず・和三盆糖蜜・紅玉りんご・つぶつぶみかん・ほうじ茶・宇治抹茶・さくらみつ・やまぶどう

名古屋栄店限定 各1,000円

  • お豆腐屋さんの濃厚豆乳とスカイベリー・とちおとめミックス
  • 和紅茶(べにふうき)のロイヤルミルクティー
  • 和製もんぶらん<青森 小栗山農園の和栗使用>
  • お豆腐屋さんの濃厚豆乳と自家製きな粉

一時間食べ放題

  • アマごぉらあ(レギュラーメニュー11 種対象)3,000円
  • プロごぉらあ(全てのかき氷対象 アルコール除く)3,800円

アルコールかき氷 各1,500円

  • 知多白老梅(梅酒)

知多の梅「佐布里梅」を、江戸時代の書物「本朝食鑑」にあるレシピにのっとり純米吟醸古酒に漬込んで造った梅酒。爽やかな酸味の逸品。

  • 華鳩 貴醸酒 8 年貯蔵

米と日本酒を原料にして日本酒を造る、平安時代の古文書「延喜式」に記述のある「しおり」という造り方を参考に復刻。濃厚甘口な逸品。

飲み物

  • 本州のご当地サイダー 15 種 各一本350円
  • 上州屋 手炒り麦茶 一杯350円

名古屋栄だけの特典

雨季雨季(ウキウキ)プライスで期間限定販売

開店時に雨が降ってると店長が判断した場合表示価格より 100 円引き(かき氷のみ対象)

※途中で雨がやんでも閉店まで実施

期間:7 月 3 日(火)~気象庁の東海地方梅雨明け宣言が出る迄

店舗情報

『氷菓処にじいろ本店』(閉店)

名古屋市西区那古野2丁目17-12

tel:tel:052-446-8739

URL:http://xn--u8je1hr90q45tda260g.com/

[ad#co-1]


スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です